請願書・陳情書

子どもたちを被ばくから守るための陳情
itabashi111117.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 91.8 KB

2011年9月に板橋区議会宛に提出した「子どもたちを被ばくから守るための請願」の継続中となった部分を修正し、「子どもたちを被ばくから守るための陳情」として改めて提出しました。
2011年12月6日開会の区議会第4回定例会 文教児童委員会にて審議

 

◆給食について
1. 給食による内部被ばくを理由に保護者が弁当や水筒の持参を申し出たとき、相談に応じ、配慮すること。
2. 給食の食材に対して放射線量のサンプル調査を継続的に行うこと。
◆学校・地域活動について
3. 学校活動・地域活動において、茶摘みや芋掘りなど子どもが体験し飲食し得るものを扱う場合は、極力事前に検査を実施して安全を確認するよう努めること。
4. 被ばく量低減を理由に校内・校外活動を見学または参加させないことを保護者が申し出
たとき、相談に応じ、配慮すること。 また、成績を公平に扱うこと。

 

 全項目が採択となりました!

子どもたちを被ばくから守るための請願
itabashi110906.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 94.0 KB
  • 請願書作成〜提出までの経緯

2011年6月mixiコミュニティでのアンケートにて参加者みなさんから「行政にお願いしたいこと」についてたくさんの意見をあげていただきました。代表チームでこれらの内容をまとめ、数名の区議会議員さんのご協力を得ながら請願書を作成いたしました。書き込んでいただいたすべての要望を記載することはできませんでしたが、まずは区議会で「採択」されることを目標に、より現実的なかたちでまとめました。

2011年7月18日署名活動開始

2011年9月6日区議会議長あてに請願書を提出

2011年9月20日追加署名を提出(合計3,486筆)

2011年9月29日開会の区議会平成23年第3回定例会にて審議開始

 

2011年10月3日区民環境委員会にて審議

子どもたちを被ばくから守るための請願(放射線量測定の件)

◆子どもの被ばくを避ける対策

1. 子どもが生活する場所の調査を行い、計測結果を公表すること。

3. まずはモデルケースとなる地域を設定し、上記事項を行うこと

については、全会一致で採択となりました。

 

2011年10月4日文教児童委員会にて審議

子どもたちを被ばくから守るための請願(放射線対策の件)

◆子どもの被ばくを避ける対策

2. 先生などに対して、子どもを不用意に被ばくさせないための教育を施すること。

◆給食について

4. 給食の食材調達・調理において対策をするよう各栄養士に指導すること。

◆学校・地域活動について

7. 空間線量が急激に上昇した場合子どもたちに屋内退避の指示。

については、採択となりました。


◆給食について

5. 保護者が弁当や水筒の持参を申し出たとき、それを妨げないこと。

6. 横浜市同様、給食の食材に対して放射線量のサンプル調査を継続的に行うこと。

◆学校・地域活動について

8. 茶摘みや芋掘りなど事前に検査を実施して安全を確認すること。

9. 被ばく量低減を理由に校内・校外活動を見学または参加させないことを保護者が申し出た場合、妨げないこと。そのことで成績に不利になる扱いをしないこと。

については、審議継続となりました。

 

※ただし、給食サンプル調査については実施を具体的に検討中とのことです。

食品に含まれる放射性物質の板橋区自主測定を求める陳情
itabashi110920.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 135.1 KB

調理前の給食食材を検査するため、区が独自に食品の放射線測定器を導入(購入またはリース)し、その結果を食材選択に生かすとともに結果を公表することを求めます。

2011年9月20日区議会議長あてに陳情書を提出

2011年9月29日開会の区議会平成23年第3回定例会にて審議開始

2011年10月4日文教児童委員会にて審議

審議継続となりました。